ホーム > 永竹 由幸

永竹 由幸

名前 永竹 由幸
カナ ナガタケ ヨシユキ
 

プロフィール

昭和13年東京築地に生まれ。慶応義塾中等部の頃より歌舞伎座の三階立見席や藤原歌劇団練習所に通う。慶應大学オペラ研究会設立、慶應義塾百年記念に若杉弘指揮メノッティ「電話」を演出。三井物産入社後は同社イタリア修業生としてボローニャ大学留学。東京芸術大学講師、昭和音楽大学教授、尚美学園大学客員教授などを歴任。平成18年イタリア政府よりコメンダトーレ勲章受章。 主著として『オペラ名曲百科』、『ヴェルディのオペラ』(音楽之友社)、『椿姫とは誰か』(丸善)、『痛快!オペラ学』(集英社インターナショナル)ヴォルフ=フェラーリの生涯と作品(水曜社)ほか。

このページのトップへ

著作一覧

オペラになった高級娼婦

オペラになった高級娼婦(単行本)

オペラ「椿姫」から見る高級娼婦の歴史

著者:永竹 由幸
 
新版 オペラと歌舞伎

新版 オペラと歌舞伎(単行本)

二つはなぜ総合芸術の最高峰となったのか

著者:永竹 由幸
 
 

このページのトップへ