ホーム > 映画がなければ生きていけない

映画がなければ生きていけない 1999~2002

映画がなければ生きていけない

ハードボイルドに魅せられた男たちと、映画に魅せられた男たちに贈る、映画コラム好評シリーズ

著者 十河 進
ジャンル アート・カルチャー > 映画
出版年月日 2006/12/31
ISBN 9784880651835
判型・ページ数 A5・600ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

アル中はスペシャリストであらねばならない
律儀なイーストウッド
フランス語「超基本」講座
アデューとロング・グッドバイ
世の中には二種類の人間しかいない
嫌なことがあったときに見る映画
「羊たちの沈黙」の逆襲
コマーシャリズムと志
前略、倉本聰様。
マイ・フェイバリット・ソング 
人生を構成する三つの要素 
アカデミー賞ウォッチング
リターン・オブ・悪党パーカー
この世で一番キレイなもの
夢の映画・映画の夢
マイルスの他に神はなし
人間が一番恐い?
もうひとりの寅さん作家
犬よりましな人生
人はどこまで無私になれるか
ほか

このページのトップへ

内容説明

1999年から現在まで続くメールマガジン「日刊デジタルクリエイターズ」に連載中の人気コラム「映画と夜と音楽と…」単行本化。本書に先だって記念品として作られた500部限定本はたちまち完売するほどファンは多い。その魅力を本書解説の映像作家かわなかのぶひろ氏はこう書いている。〈人生は困難なものだ。だが希望を失うな。諦めるな。そう感じさせてくれる映画を、あくまで僕は支持したい」という「僕」の矜持は、本書のどの頁からも熟成されたウィスキーのような滋味と芳香をともなって漂ってくる。読む側をじんわりと幸せな気分に誘ってくれるのである〉。
あの名場面、あのセリフに人生を重ねる味わい深い文章が胸に響く。どんなガイド本よりも映画が観たくなる一冊だ。

このページのトップへ

関連書籍

映画がなければ生きていけない

映画がなければ生きていけない 2010~2012

ハードボイルドな男たちに贈る好評シリーズ

著者:十河 進
 
映画がなければ生きていけない

映画がなければ生きていけない 2013~2015

ハードボイルドな男たちに贈る好評シリーズ

著者:十河 進
 
 

このページのトップへ