ホーム > 禅の風 第36号

禅の風 第36号

今、月を望む

禅の風 第36号

禅を日常生活に取り入れ、現代人に「心の平穏」とは何かを教えてくれるシリーズ

著者 曹洞宗宗務庁 編著
シリーズ 禅の風
出版年月日 2011/05/31
ISBN 9784880652658
判型・ページ数 A4変・56ページ
定価 本体952円+税
在庫 在庫あり
 

目次

【巻頭対談】
曹洞宗大本山永平寺監院 大田大穰×教育評論家 水谷修
「夜回り先生」と永平寺大田大穰師が禅の思想を交えながら、子どもたちと社会の抱える問題点とその解決策について大いに語る。

【特集】「今、月を望む」
自然美の代表として日本人の心に生きる「月」。思想や文化に大きな影響を与えてきた月と仏教の繋がりを再考し、月と人の関係を明らかにする。
【特集】「禅と科学 禅と食 ~法はこれ食 食はこれ法~」
・食と仏道は一体
 曹洞宗補陀山観音寺住職 元曹洞宗大本山聰持寺典座 小金山泰玄
・精進客膳料理 ~うま味の秘密~
 神戸女学院大学人間科学部准教授 高岡素子

【連載】
・釈尊のことば「死後、わが骨にかかずらうな」 山折哲雄
・ゆるがぬこころ「私は諦めない、命ある限り。」 アグネス・チャン
・新しい風「境内はみんなの遊び場だ」    陽光山玄照寺
・詣 ~禅寺を訪ねる~「心の受け皿」を目指す 青龍山茂林寺

このページのトップへ

内容説明

『禅の風』は禅を日常生活に取り入れ、現代人に「心の平穏」とは何かを教えてくれるシリーズです。

このページのトップへ