ホーム > ヴァーグナー オペラ・楽劇全作品対訳集

ヴァーグナー オペラ・楽劇全作品対訳集

《妖精》から《パルジファル》まで

ヴァーグナー オペラ・楽劇全作品対訳集

ヴァーグナーのオペラ・楽劇全13作品の対訳が1つに。 現代文で読みやすい新訳。

著者 井形 ちづる
ジャンル オペラ・音楽他
出版年月日 2014/03/16
ISBN 9784880653372
判型・ページ数 A5函入・並製・二分冊・720ページ
定価 本体6,500円+税
在庫 在庫あり
 

目次

対訳には、1971年よりショット社から刊行されているヴァーグナー全作品集の楽譜を使用。
Richard Wagner ; S?mtliche Werke, herausgegeben von Verbindung mit der Bayerischen Akademie der Sch?nen Ku?nste, Mu?nchen
2013年8月末現在で、《妖精》第3幕、《恋愛禁制》全幕、《ジークフリー》第3幕が未完のため、それらに関しては、下記を参照。
《妖精》第3幕
① Richard Wagner ; S?mtliche Schriften und Dichtungen, Bd. 11.
② Klavierauszug; RIES & ERLER,BERLIN
《恋愛禁制》
① Richard Wagner ; S?mtliche Schriften und Dichtungen, Bd. 11.
② Klavierauszug von Otto Singer, Breitkopf & H?rtel・Wiesbaden
《ジークフリート》第3幕
① Richard Wagner ; S?mtliche Schriften und Dichtungen, Bd. 4.
② Full Score: Dover Publications,New York
なお《タンホイザー》は、1875年のウィーン版を採用。このウィーン版においてドレスデン版から
カットされてしまった部分の対訳は、《タンホイザー》第2幕の対訳のあとに掲載しています。

このページのトップへ

内容説明

人間の生と性。そして精と聖とは何か。さらにそこに生ずる人間の欲とは何か。
官能的な愛と、精神的な愛の葛藤に生きたヴァーグナーのオペラ・楽劇全作品の対訳が1つに。 現代文で読みやすく格調高い新訳

【訳者】井形 ちづる(いがた・ちづる)
東京藝術大学大学院音楽学専攻修了。 ミュンヘン国立総合大学第2哲学科にて研鑽を積む。著書に『シューベルトのオペラ』(水曜社)、訳書に『宗教音楽対訳集成』(共訳、国書刊行会)、ヴェル ナーの悲劇『アッティタ、フン族の王』(サウンド・バンク)他、オペラの字幕、ドイツ・リートの字幕および対訳も多い。また東京藝術大学オペラ定期公演プ ログラム、海外歌劇場来日公演プログラムの原稿を数多く手掛けている。現在、東京藝術大学音楽学部オペラ科講師、明治大学文学部非常勤講師。

このページのトップへ

関連書籍

オペラの学校

オペラの学校

オペラファンと舞台演出をめざす人へ

 
シューベルトのオペラ

シューベルトのオペラ

シューベルトが残した19作品を解説

著者:井形 ちづる
 
 

このページのトップへ