ホーム > 禅の風 第45号

禅の風 第45号

良寛 騰々天真に任す

禅の風 第45号

禅を日常生活に取り入れ、現代人に「心の平穏」とは何かを教えてくれるシリーズ

著者 曹洞宗宗務庁 編著
シリーズ 禅の風
出版年月日 2016/07/06
ISBN 9784880653853
判型・ページ数 A4変並製・56ページ
定価 本体1,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

特集 良寛 騰々天真に任す
日本における僧侶の中で、老若男女を問わず知られている良寛。
粗末な草庵で自由に暮らし、子どもたちと手鞠をついて遊ぶなど、思いやりに満ちたその生涯は、日本人の心をつかみ、いまだ親しまれている。しかし一方で、良寛自身の思想や生涯は意外と知られていない。本特集では、その思想や生き様を、エピソードを交えながら、さまざまな地に残る良寛の足跡をたどりながら探っていく。

・誕生
・出家
・円通寺修行時代
・五合庵時代
・乙子神社の草庵時代
・島崎での晩年


特集特別企画
良寛さんを彫り続ける
岩垣正道 曹洞宗板画山毎来寺住職

禅林百景[一] 作務衣

寄稿
道元禅師の道歌に学ぶ
丸山劫外 曹洞宗総合研究センター特別研究員

「詣」禅寺を訪ねる
補陀洛山円通寺  良寛修行のお寺

このページのトップへ

内容説明

禅を日常生活に取り入れ、現代人に「心の平穏」とは何かを教えてくれるシリーズ

このページのトップへ