ホーム > ヴェルディのプリマ・ドンナたち

ヴェルディのプリマ・ドンナたち  新刊

ヒロインから知るオペラ全26作品

ヴェルディのプリマ・ドンナたち
著者 小畑 恒夫
ジャンル オペラ・音楽他
出版年月日 2016/12/15
ISBN 9784880654010
判型・ページ数 400ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 

目次

はじめに

1.サン・ボニファーチョの伯爵オベルト レオノーラ または 恋に導かれた地獄
  アントニエッタ・ライネーリ=マリーニ*初演歌手(以下同)
2.一日だけの王様 ポッジョ侯爵夫人 または ヴェルディ流「陽気な未亡人」
 アントニエッタ・ライネーリ=マリーニ
3.ナブコドーノゾル アビガイッレ または 屈辱が生んだ野望
 ジュゼッピーナ・ストレッポーニ
4.第一次十字軍のロンバルディーア人 ジゼルダ または 愛の逃避行
 エルミーニア・フレッツォリーニ
5.エルナーニ エルヴィーラ または 男たちの名誉に翻弄される愛
  ゾフィー・レーヴェ
6.二人のフォスカリ ルクレツィア または 貴婦人の怒り
 マリアンナ・バルビエーリ=ニーニ
7.ジョヴァンナ・ダルコ ジョヴァンナ または 聖と俗の狭間
 エルミーニア・フレッツォリーニ
8.アルヅィーラ アルヅィーラ または インカの花嫁
 エウジェーニア・タドリーニ
9.アッティラ オダベッラ または 悩めるユディト
 ゾフィー・レーヴェ
10.マクベス レディ・マクベス または 野望の代償
 マリアンナ・バルビエーリ=ニーニ
11.群盗 アマーリア または 夢に生きた女
 イェニー・リンド
12.イル・コルサーロ(海賊) グルナーラ または 太守を殺した女
 マリアンナ・バルビエーリ=ニーニ
13.レニャーノの戦い リーダ または 自ら封じた恋
 テレーザ・デ・ジューリ=ボルシ
14.ルイーザ・ミッレル ルイーザ または 純愛の悲劇
 マリエッタ・ガッザニーガ
15.スティッフェーリオ リーナ または 不倫と許し
 マリエッタ・ガッザニーガ
16.リゴレット ジルダ または 愛の目覚め
 テレーザ・ブランビッラ
17.イル・トロヴァトーレ レオノーラ または 究極の愛
 ロジーナ・ペンコ
18.ラ・トラヴィアータ ヴィオレッタ または 娼婦の自己犠牲
 ファンニ・サルヴィーニ=ドナテッリ、マリーア・スペーツィア
19.シチリアの晩鐘 エレーヌ または 平和の幻想
  ソフィア・クルヴェッリ
20.シモン・ボッカネグラ マリーア または 闇を照らす光
 ルイージャ・ベンダッツィ、アンナ・ダンジェリ
21.仮面舞踏会 アメーリア または 破滅の恋
 ウージェニア・ジュリエン=ドジャン
22.運命の力 レオノーラ または 贖罪の旅
 キャロリン・バルボ、テレーザ・ストルツ
23.ドン・カルロス エリザベート または 青春の封印
 マリ・コスタンス・サス
24.アイーダ アイーダ または 死への憧憬
 アントニエッタ・ポッツォーニ
25.オテッロ デズデーモナ または 貞節の悲劇
 ロミルダ・パンタレオーニ
26.ファルスタッフ アリーチェ または 利口な女房
 エンマ・ヅィッリ

参考・引用文献
索引

*全26作品……改作による2作品(「第一次十字軍のロンバルディーア人」→「イェルサレム」、「スティッフェーリオ」→「アロルド」)を除く。

このページのトップへ

内容説明

《ラ・トラヴィアータ》を筆頭に《ジョヴァンナ・ダルコ》《ルイーザ・ミッレル》《アイーダ》……。
ソプラノをタイトルロールにした作品はもちろん、ヴェルディのオペラには魅力的なヒロインが多く存在する。

本書は「ソプラノ」=「女性」を軸に、その行動や心理状況を追いながら、ヴェルディの目指した「心理劇」の面白さなどを今までと異なる視点で解説。さらに本邦初、初演を歌ったソプラノ歌手の生涯など様々なエピソードを紹介しながら「ヴェルディのオペラ」の魅力を再発見する一冊。

※Webサイト「オペラ・エクスプレス」に本書が紹介されました。(文・井内美香)
http://opera.jp.net/archives/5807

このページのトップへ