ホーム > 本は世につれ

本は世につれ

ベストセラーはこうして生まれた

本は世につれ

「日米會話手帳」「斜陽」「太陽の季節」「人間の條件」「氷点」。あの懐かしいベストセラーの舞台裏を豊富な資料で綴る

著者 植田 康夫
ジャンル アート・カルチャー > 出版
出版年月日 2009/03/03
ISBN 9784880652160
判型・ページ数 4-6・256ページ
定価 本体1,600円+税
在庫 在庫あり
 

目次

1章/平和が訪れたとき、人々は何を求めたか
2章/読者を掘り起こす編集の力
3章/文学がビジネスになった
4章/ベストセラー現象の新しい光景

このページのトップへ

内容説明

毎年、多くの新刊が刊行される出版界で、ベストセラーは時代を映す鏡でもある。
戦後第一号のベストセラー「日米會話手帳」には焼け跡から復興する日本人の逞しさを、「愛情はふる星のごとく」には恋愛本の先駆けとして大衆が何を求めていたかを。また「太陽の季節」では石原兄弟に見る人々の羨望など。
このほか「挽歌」「英語に強くなる本」「人間の条件」「愛と死を見つめて」「氷点」ほか多数のベストセラーを紹介し戦後史を出版史から振り返る一冊

このページのトップへ

関連書籍

出版の冒険者たち。

出版の冒険者たち。

「週刊読書人」連載の書籍化

著者:植田 康夫
 
 

このページのトップへ