ホーム > 老犬との幸せな暮らし方

老犬との幸せな暮らし方

認知症・病気・介護・日常生活から最新治療法まで

老犬との幸せな暮らし方

正しい知識で愛犬幸せに暮らすために必要なことを、 写真とイラストでわかりやすく解説

著者 石井 万寿美
ジャンル 実用
出版年月日 2012/08/05
ISBN 9784880652795
判型・ページ数 A5並製 ・176ページ
定価 本体1,200円+税
在庫 在庫あり
 

目次

プロローグ いまの犬はなぜ長生き?
1章 犬が年をとるってどういうこと?
2章 犬がボケるってどういうこと?
3章 愛犬がかかりやすい病気をしっておこう
4章 老犬の日常生活の注意点
5章 そして看取るということ

このページのトップへ

内容説明

日本でペットを飼育している人の約6割は犬を飼っています。そしてあなたの愛犬もかならず歳をとります。
本書では正しい知識で、愛犬と少しでも長く、幸せに暮らすために必要なことを、 写真とイラストでわかり
やすく解説します。
たとえば年齢とともに変わる食事。痴呆になりやすい犬種とは。 性別や小型犬、大型犬、犬種別に注意しなければいけない病気。もし腎臓病、糖尿病、ガンになったら。 犬のバリアフリー。夜鳴き、寝たきり、排便・排尿、床ずれの対処法、愛犬のための介護用品の選び方、シャンプーの仕方など……。
臨床獣医師の著者が、初めてでも安心できる老犬との暮らしを教えます。

【著者】石井 万寿美(いしい・ますみ)
獣医師。1961年、大阪府生まれ。酪農学園大学大学院獣医学研究科修了。 動物病院勤務を経て大阪府守口市に動物病院「まねき猫ホスピタル」を開業。 獣医師としての仕事の一方、 朝日新聞に「にゃるほどジャーナル」(大阪版夕刊)を連載

このページのトップへ

関連書籍

動物の患者さん

動物の患者さん

獣医師の日常をユーモラスに綴る

著者:石井 万寿美
 
 

このページのトップへ