ホーム > 自動車産業の技術アウトソーシング戦略

自動車産業の技術アウトソーシング戦略  新刊

現場視点によるアプローチ

自動車産業の技術アウトソーシング戦略

基幹技術の聖域に切り込む再生・発展戦略

著者 太田 信義
ジャンル 社会
出版年月日 2016/10/25
ISBN 9784880653938
判型・ページ数 A5並製・204ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

序 章 自動車産業の国際競争力強化に向けて 技術アウトソーシングの活用
第1章 自動車産業の構造および技術の特徴
第2章 アウトソーシングへのアプローチ
第3章 アウトソーシング論の到達点と課題
第4章 技術アウトソーシングの活かし方と課題
第5章 自動車産業での活かし方
第6章 技術アウトソーシングの構造、その特徴 グループ系企業と独立資本系企業の違いの視点
第7章 設計にみる知識のダイナミズム
第8章 3次元CADによる設計革命とそのインパクト
第9章 「まとめ委託」の促進・拡大
終 章 技術アウトソーシングを活かした競争力強化

このページのトップへ

内容説明

「ものづくり」に強みを持つといわれてきた日本の競争力であるが、電子・電気関連製品においては近年輸出競争力に翳りが見え始めている。中国、東南アジア市場の消費拡大や国際競争の激化、急激な技術変化、消費者嗜好の多様化に素速く対応するための技術アウトソーシング戦略とはどの様なものなのか。

本書では技術アウトソーシングを明確に定義付けし、グループ内技術アウトソーシング企業と単独資本技術アウトソーシング企業の役割の違いや、その設計活動や活用戦略を調査・分析し今後の課題を明らかにする。著者の長年の経験と実務管理者のインタビューを交え、これからの「ものつくり」産業において必要不可欠な技術アウトソーシング戦略を描き出す労作。

このページのトップへ