ホーム > 防災福祉のまちづくり

防災福祉のまちづくり  新刊

公助・自助・互助・共助

防災福祉のまちづくり

なぜ災害対策は不十分になるのか。そして防災福祉国家をつくるために何が必要か

著者 川村 匡由
ジャンル 文化とまちづくり叢書
出版年月日 2017/03/01
ISBN 9784880654041
判型・ページ数 A5並製・192ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1章 防災福祉の位置づけ
1.社会保障と社会福祉の融合
2.まちづくりとソーシャルワーク
3.防災福祉とまちづくり

第2章 災害対策の現状
1.災害法制
2.行政・指定機関・民間組織
3.災害対策の課題

第3章 防災福祉の先進自治体
1.群馬県渋川市
2.東京都北区
3.静岡県焼津市
4.高知県黒潮町
5.鹿児島県桜島町

第4章 海外最新事情
1.スイス
2.アメリカ
3.キューバ

第5章 防災福祉のまちづくりへのシステム化
1.防災福祉文化の醸成
2.公助・自助・互助・共助
3.縦割り行政の是正
4.危機管理体制の確立
5.分権国家への転換

このページのトップへ

内容説明

阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)から22 年。
そして東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)から5年。
政府と多くの自治体や関係機関が再建と復興に努めているが財源確保や復興計画をめぐる合意形成の難しさ等、いまなお復興は道半ばである。


これには日本の自然災害また原子力災害への対策が不十分であること、また社会保障・社会福祉が事後措置として扱いがちになる事が考えられる。この問題意識のもと、被災者の救援や復興に対し社会保障の視座に立ち、事前措置も含めた災害保障および災害福祉の考え方と、かつ防災福祉という新たな概念を位置づけ、現状の把握と問題の解決策を論じる。

本書では、第1章で防災福祉の位置づけをしたうえ、第2章で災害対策の現状について述べ、更に第3章で防災福祉に先進的に取り組んでいる自治体の取り組み、第4章で海外の最新事情を紹介する。そして第5章で防災福祉のまちづくりとそのシステムについての方策をまとめた。

これからの発展に必要な災害に強いまちづくり、防災福祉のまち、さらには防災福祉の国への道筋を提言する一冊。

このページのトップへ