ホーム > ワインスケープ

ワインスケープ  新刊

味覚を超える価値の創造

ワインスケープ

「喉が鳴る景観」を保存し、生産物や観光面での負荷価値を高める都市計画とは

著者 鳥海 基樹
ジャンル 文化とまちづくり叢書
社会
出版年月日 2018/06/22
ISBN 9784880654454
判型・ページ数 A5並製・400ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

序 マンガストロノミー、喉が鳴る景観、ワインスケープ

第1編 フランスの、そして世界のワインスケープで今、何が起きているのか
 第1章 フランス、そして世界のワインスケープの現在
  ー理想、ジレンマ、進歩的伝統主義
 第2章 ワインスケープの保全と刷新のための制度
  ー優品保護、醜景発生防止、特例認容
 第3章 飲食と銘醸地の世界遺産
  ー美食の危機、新たな保存論理、ネットワークの構築

第2編 フランスに於ける銘醸地世界遺産の論理、展開、そして脱線
 第4章 サン・テミリオン自治区
  ー原産地統制呼称(AOC)制度、拡張、博物館都市
 第5章 シャンパーニュの丘陵・メゾン・酒蔵
  ー呼称保護、現代のストーリー、産業遺産
 第6章 ブルゴーニュのブドウ畑のクリマ
  ー衒学的強弁、ヴァナキュラーな遺産、的外れな議論

第3編 フランスに於けるワインスケープの向かう先
 第7章 文化財保護と都市計画の6次産業化
  ーファッション化、テロワール、ラギオール観光
 第8章 ワイン観光
  ー惰眠、販売補完策、子供の取り込み
第9章 現代建築のワイナリー
  ー白馬、電子レンジ、ハイブリッド・ヴァナキュラリズム
第10章 俯瞰と展望
  ースマート・スプロール、好い加減の文化財保護、マイナスの政治主導、しかし植民地化の懸念

このページのトップへ

内容説明

ワインスケープとはフランスのブドウ畑と直近にある醸造や貯蔵、発酵室・樽熟成庫・瓶貯蔵施設など関連する施設と、それに伴う農道などの交通基盤が形成する景観のことである。 そこでは景観と調和した町並みの整備によりイメージを向上させ生産物や観光面での付加価値を増加をもたらしている。
 本書はフランスの銘醸地のワインスケープを主軸に建築学と都市計画の視点から文化的景観の保存を困難にする要因と対抗した制度設計、保存論理、それらを活用した観光の実態、新たなワインスケープの創造に関する分析をまとめたものである。文化財保護や都市計画ありきではなく、理想の生活や産業の実現のためにどのような規制や事業が必要なのか。ワインスケープの保全の観点からフランス都市計画を論じた本書は「おもてなし」や「食文化」など文化の発信、「観光立国 日本」を正しく推し進めるためのまちづくり関係者の必読書。

このページのトップへ