ホーム > 大岡 敏昭

大岡 敏昭

名前 大岡 敏昭
カナ オオオカ トシアキ
 

プロフィール

昭和十九年、神戸市生まれ、熊本県立大学名誉教授。九州大学大学院博士課程(建築学専攻)修了。工学博士。歴史は現在の問題から遡るべきという理念のもとに、古代から現代までの日本住宅と中国住宅、およびその暮らしの風景を研究している。 主著に、『日本の住まい その源流を探る』(相模書房)、『清閑の暮し』(草思社)、『武士の絵日記』(角川ソフイア文庫)などがある。

このページのトップへ

著作一覧

江戸時代の家

江戸時代の家

豊富な図版で江戸時代の家と暮らしを解説

著者:大岡 敏昭
 
 

このページのトップへ