ホーム > 体験的音楽鑑賞入門(仮)

体験的音楽鑑賞入門(仮)  新刊 これから出る本

目次

【理論編】
第1 章 これからの音楽鑑賞を考える
1. 私と音楽鑑賞/2. 美術鑑賞と「私」という視点/3.「ティーチング・
アーティスト」を知る
第2 章 ティーチング・アーティストのスキルを活用する
1. ティーチング・アーティストとはどんな人/2. ティーチング・アーティスト
にとって大切なこと
第3 章「 個人的に大切なつながり」とは
1. 共感/2. 喜び/3. 知的満足/4. 感情の惹起
第4 章 エントリーポイントを見つける
1. エントリーポイント/2. エントリーポイントを見つけるために必要なこと/
3. エントリーポイントの種類
第5 章 アクティビティを工夫する
1. アクティビティとは/2. アクティビティの方法/3. 実施にあたって留意
すべきこと
第6 章 学校教育におけるこれからの音楽鑑賞
1. 学習指導要領における「鑑賞教育」/2. 学習指導要領で示された
 「音楽鑑賞」を発展させるには/3.「音楽のよさや美しさを味わう」
とは/4. 音楽を聴く「力」/5. アクティブ・ラーニングとのつながり/
6. アーティスティック・ティーチャーをめざす

【実践編】
第7 章 独奏曲
1. バッハ「小フーガ」ト短調/2. ベートーヴェン『エロイカ変奏曲』/
3. ショパン『練習曲集・作品10』より「革命」/4.ドビッシー『前奏
曲集第1 巻』から「帆」/5. シェーンベルク『5 つのピアノ曲』より
第5 曲「ワルツ」
第8 章 室内楽
1.ヴィヴァルディ『四季』より「春」第1 楽章/2. モーツァルト『ケ
ーゲルシュタット・トリオ』より第1 楽章/3. モーツァルト『アイネ・ク
ライネ・ナハトムジーク』より第1 楽章/4. ベートーヴェン管弦四重奏
曲作品132 第3 楽章/5.ドヴォルジャーク『管弦四重奏曲』「アメリ
カ」より第1 楽章
第9 章 管弦楽
1. モーツァルト交響曲『ジュピター』より第4 楽章/2. ベートーヴェン
交響曲第5 番『運命』/3.マーラー『交響曲第1 番』第1 楽章/
4. レスピーギ交響詩『ローマの松』より「アッピア街道の松」/5. ムソ
ルグスキー/ ラヴェル『展覧会の絵』
第10 章 歌曲
1. シューベルト歌曲集『冬の旅』より「菩提樹」/2. シューベルト歌曲
「ます」とピアノ五重奏『鱒』/3. シューマン連作歌曲集『詩人の恋』
より「五月」/4. シェーンベルク『月に憑かれたピエロ』より「月に
酔って」/5. 山田耕筰「からたちの花」
第11 章 受難曲・オラトリオ・オペラ
1. バッハ『マタイ受難曲』より/2. ハイドン オラトリオ『天地創造』よ
り/3. モーツァルト オペラ『フィガロの結婚』より/4. ビゼー オペラ
『カルメン』より/5. プッチーニ オペラ『ラ・ボエーム』より

このページのトップへ

内容説明

音楽作品の「価値」を前提にする鑑賞ではなく、音楽を聴くという「行為」に注目することによって、鑑賞は
表現に匹敵する重要な役割を獲得する。

小学校から高等学校の音楽科教員、司会やファシリテーター、そしてコンサートホールで聴衆を前にして演奏する、プロやセミプロの人たち。「ティーチング・アーティスト」という職業について芸術と教育の視点から説明する【理論編】と、具体的な楽曲を挙げ、鑑賞する際必要なエントリーポイントとアクティビティを紹介する【実践編】で構成された本書は聴衆にクラシック音楽を楽しんでもらい、音楽の本質的部分に触れることが出来る、新しい「体験型音楽鑑賞」を実践するための一冊

このページのトップへ

関連書籍

ティーチング・アーティスト Teaching Artist

ティーチング・アーティスト Teaching Artist

芸術・音楽に関わるすべての人々に贈る

 
 

このページのトップへ